勤続年数は重要?

女性と男性が肩を並べて仕事をする時代。
出世競争に参戦する女性も多くなってきました。
しかし、女性には出産や育児などという本来の意味での女性の仕事があり、仕事を離れなければならない時期が出てきてしまいます。
職場が産休や育児休暇などがきちんと整備されており、旦那さんの協力が得られる環境であれば、同じ職場に復活することもできますが、まだまだそういった職場は少ないようです。
殆どの場合、離職した時点で仕事を辞めざるを得なくなってしまいます。
復職するとなると、同じ職種の違う職場に働くことになったり、育児しながらでも働ける環境の仕事を探していかなくてはいけないからです。
クレジットカードを作る際などは、その人の信用性が大切となりますが、その審査の一角を担っているものに勤続年数があります。
勤続年数が長いほどその人の信用性は上がってきます。
同じ職場で長く働くことができる男性にとっては、勤続年数が長いほどその人の人間性が上がってきます。
逆に、勤続年数が短いと信用性にかけて、クレジットカードが発行されないときもあるようです。
女性は結婚や出産など離職したりしなければならない機会が多いことから、勤続年数も男性より短くなってしまいます。
しかし、勤続年数だけで信用が左右される仕事ばかりではありません。
そういう部分をきちんと配慮してくれる職場であれば、結婚・出産・育児をしながらも女性が長く働くことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です