失敗しない仕事探し

昔は女性は家にいて家を守るのが仕事、男性は外に出て働くのが仕事と言われ、女性は働くことすら許されないような時代でした。
学校を出ても結婚する相手が見つからなければ家で花嫁修業をしながら結婚相手が見つかるまで待つ。
そんな時代でした。
民主化が進み、女性も男性と平等だといわれるようになり、今までは男性しかいなかった職種にも女性が入り込むようになりました。
職場の環境もずいぶんと変わりました。
今までは男性しかいなかった職場に女性が入り込むようになり、女性トイレを急遽新設したり、休憩場所も男性と女性を分けたりと配慮する会社が増えてきました。
このようにいろんな職種に女性も入り込むようになり、いまや男性も女性もほとんど変わりない働きをするようになりましたが、まだ女性には働く環境で不利な点があります。
女性は男性と同じ様に働いていても出産や育児などで職場を離れなくてはならない時期があるということです。
また、家の仕事は女の仕事と考えている男性がいまだ多く、女性は働いていても、子供の病気や家の都合などで休まなければならないことが増えるということです。
育児や家事の分担も積極的にしてくれる男性は少なく、女性は家の仕事に、自分の仕事にと追われることになります。
そういった女性を雇う企業は女性の仕事に対する制限をきちんと配慮していることが大切です。
たとえば、急に子供が病気になったりして休まなくてはならないときにも対処できるようなシフト体制をとっている、子どもの行事などにあわせて勤務希望のだせる体制を整えている、などです。
また、子供が小さいとフルタイム勤務はかなり難しいものがあります。
パートやアルバイトなど、自分で時間設定して働ける環境も大切です。
産休や育児休暇の終わったあとの復職に関しては、資格があるのとないのとでは働く職種まで制限されてしまうこともあります。
仕事を探すときは募集要項が自分の生活スタイルや働くスタイルに合っているかどうかきちんと確かめてから応募した方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です